JSONオンラインの編集とフォーマット

JSONファイルを読み込む

現在のJSONファイルを保存する: 現在のJSONファイルを保存する

コードモード
ダイナミックツリーモード

JSONオンラインエディター、JSON形式のオンラインでの表示、編集、検証


このオンラインツールを使用すると、JSON形式を簡単に作成、編集、表示、検証できます。 両方のパネルを同時に使用して、使用可能なさまざまなビューとモードを切り替えることができます。

JSON編集ツールは、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari、Opera、Microsoft Edge、Microsoft Internet Explorer 11など、ほとんどの利用可能なWebブラウザーと互換性があります。

JSOnエディターにはさまざまなモードとビューがあります。ツリーモードビューでは、要素と値の追加、変更、移動、複製、編集、配列とオブジェクトの並べ替え、JMESPathクエリによるJSONの変換、色の動的セレクターによる色の選択が可能です 、コンテンツの検索と強調表示、JSONスキーマの検証などを行います。

コードモードでは、JSONのフォーマットと圧縮、JSONの修復、JSONスキーマの検証を行うことができます。

テキストモードでは、JSONのフォーマットと圧縮、JSONの修復、JSONスキーマの検証を行うことができます。

プレビューモードでは、最大500 MBの大規模なJSONタイプのドキュメントを処理できます。これは、数万または数十万の行と要素を意味します。 JMESPathクエリを使用してJSONを変換し、JSONをフォーマットおよび圧縮し、JSONを修復し、JSONスキーマを検証できます。

新しいJSONを作成したり、既存のJSONを貼り付けたり、JSONを含むファイルをアップロードしたりできます。 編集または生成したコンテンツをJSONファイルに保存してダウンロードすることもできます。

最初に、2つのパネルがロードされます。1つはコードタイプで、もう1つは動的ツリータイプです。 これらの2つのパネルのいずれも、必要な形式に変更できます。 両方のビューのコンテンツは常に自動的に同期されます。

ニュースレター

毎週ニュースとプロモーションを受け取る